読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hot chocolate

まいにちたのしい

美しい殿方とわたし。

3月13日金曜日。

絶対に絶対に、仕事を定時で終わらせて映画を観に行こうと決めていた、お江戸のキャンディー。

 

仕事でバタバタしたものの、定時退社をキめました。

池袋の劇場で公開になってすぐ観に行ったこの作品。

なーんかよく分かんないんだけどとんでもない中毒性があって、

「うううううもう1回みたい!!ううううう!!」って毎日唸ってた。

ので、池袋上映最終日、13日の金曜日に2度目ましてをしてきました。


お江戸のキャンディー 特設ページ | Love Place/ラブプレイス

 

或る日、眠れずにいたフリ松は、朝霧の川べりに佇む白鳥太夫と出会う。息を飲むほどの美しさ。ふたりは一目で恋に落ちた。

 

 

早い話が、江戸に似た世界で起こるホモのアレコレ。です。

出てくる人出てくる人麗しいのです。

ストーリーについては上手く説明できないけれど、とにかく画面に映るものすべてが麗しいのです。

 

最高かよ!!!!!!!!!!!!

 

ええ。最高です。最高でしかないんです。

 

そしてこの池袋の劇場での上映では、上映後にキャストさんと監督が出てきてトークショーがあるんですよ。

私は白鳥太夫役の真山くんが好きでしてね。

メイちゃんの執事に出ていた時、毎週ドラマを見ながら荒ぶっていたなあ。(遠い目)

そんな私の青春の1ページに刻まれていた麗しの真山くん、しかとこの目で見てきました。(メイちゃんの執事放送当時、私は高校生でした)

女装して無い、普通の男性の格好(この言い方どうなんだろw)をしている真山くん、まじ美しい。

話す声も落ち着いてて、まじ美しい。

真山くん、まじ美しいのです。

美しいでしか、ないのです!

上映最終日だから、主演だし結構話すかな~♪なぁんて考えていたけれど、思ってた以上に口数少なめでした。

口数は少なめだったけど、トークショーの最中はフリ松役の高橋ひろ無さんと

肩くっついてる!?!?!?ねえ、そこ、肩、くっついてるよね!?!?!?!?!?!?

と鼻息荒くなること必須な立ち位置でした。あの距離感に興奮してのは私だけじゃないハズです。

 

映画を観て萌え疲れ、トークシーを見て萌え疲れる。

こんな幸せな疲労感あっていいのかな、と思っていたけれど、華金です。

贅沢したって、いいよね??

\いいともー!!/

 

と、いうことで。

上映後のトークショーの後のサイン会に参加してきました。

劇場に4枚セットと3枚セットの写真が何セットも売っていて、その写真の被写体の方からサインを頂ける、とゆーシステム。

真山くんと高橋ひろ無くんと監督の広田レオナさんからサインを頂きました。

以下、自分メモ。

 

・真山くん

ゆ「ヴォッ…(真山くんを目の前にしてその美しさに奇声をあげる)」

 「お疲れ様でした。サインお願いします。」

ま「ありがとうございます。」

(机に写真を置いてシルバーのペン(ポスカ的な)を振り振りした後にサインを書く)

ま「はい。(写真を渡してくれる)」

ゆ「メイちゃんの執事の時からずっと応援してます。」

ま「わ~そんな前から・・・ありがとうございます。」

ゆ「これからも頑張ってください」

ま「はい、これからも応援お願いします」

ゆ「握手してもらってもいいですか?」

文章にするとえらいサラっとしてるけど、真山くんは目線あわせて話してくれたので、あの目力にどーうにかなるかと思いました。

私にもっと、良くも悪くも度胸があったら抱きしめてたと思います。

とにかく美しかった。

 

・高橋くん

た「いらっしゃい~~」

ゆ「ふふ(笑)お疲れ様です。サインお願いします。」

た「はい。(高橋くんの所には机が無かったので、後ろの壁を使ってサインを書く)」

 「映画は今日が観るの初めてですか~?

ゆ「や、2回目です!」

た「あ、すいません。何度もありがとうございます。あ、サイン、お名前入れますよ~」

ゆ「○○(本名)です」

た「は~い。(書き終えて写真を渡してくれる)」

ゆ「ほんと、いい映画に出会えたなって思いました。めっちゃ良かったです。下北にも観に行きます。」

た「ありがとうございます。よろしくお願いします。」

ゆ「ほんと、いいホモでした(笑)」

た「ふふっ(笑)よかったです」

この辺でスタッフさんのハガシが入ったw

高橋くんの方から手を出してくれて、握手をして終わりました。

背が高すぎて、久々に人を見上げて話をしたなあとしみじみ。

フリ松は結構ガッツリなアイメイクだったから濃いめの顔なのかと思っていたら、パーツの派手さはそこそこだけどシュっとしたイケメン、でした。好きやん。

 

一度にこんなイケメン2人を間近で見ていいのか・・・幸せすぎる・・・。

こんなイケメンに(営業とはいえ)優しくされることは皆無に近いので頭沸いたわ。よく分からないけど劇場から駅まで小走りしてしまったよ(笑)

あ、この映画、関東圏は池袋の劇場でのみの上映で、そんなのもったいない!!と思っていたけれど、下北沢の劇場でも上映が決定したそうです。観に行くに決まってる。

まだまだ潤える。嬉しい。